室内プランターでトマトを育てる

室内プランターでトマトを育てる

トマト食べたい

こんにちは、canataです。

すっかり春になってきまして、いよいよ夏野菜の植え付けシーズンがやってきますね!

庭の畑は荒地状態なので、ゴールデンウィークの間にきちんとして、ゴールデンウィーク明けには夏野菜を植え付けようかな~なんて考えています。

で、ですね。

我が家ではコープさんの配送を毎週お願いしていまして、ある日いつものようにカタログ?チラシ?を眺めていると……

支柱がいらない品種で、小さいプランターも土も種もついてるセットが売っているではありませんか!

しかも多分1000円もしなかったはず。(興奮のあまり値段をちゃんと見ずに注文しました)

注文して待つこと1週間。待ちに待ったミニトマト栽培セットが届きました!

早速種を蒔こう

まず開封すると、中身はこんな感じ。

土と種とがミニプランターに入っています。

この土の袋の直接水を入れて、水をなじませるようにもみもみ……

この乾燥した状態の土が、

まんべんなく水を含んでしっとりしました。

ここで注意点があるとすれば、いっぺんに水を入れずに少しずつ入れることですかね。

(私はダーって水を入れたので、シャバシャバになりました……ガサツですみません)

で、土をプランターの中に敷き詰めて、等間隔に2か所穴を開けて種を数粒ずつ入れました。

ちなみに蓋としてついてきた部分は、植えてからは下の受け皿になります。便利ですね!

で、軽く遮光して乾燥を防ぎます。本当は新聞紙がいいんですけど、我が家は新聞をとっていないので、段ボールを適当にちぎって乗せておきました。

トマトは結構高めの気温じゃないと発芽しないそうなので、できるだけ窓から遠ざけて置きました。

すると数日で発芽して、もりもり大きくなったので一番強そうな子を1本ずつ残し、残りは水に浸けて根を出します。

これは次にブログに書こうと思っている、トマトの水耕栽培に使うので、しばらく根っこを水の中で育てますよ~。

1か月での成長具合

種を蒔いたのが3月21日で、4月27日現在でここまで成長しました!

蕾っぽいものも出てきており、1か月でここまで成長したらなかなか上出来ではないでしょうか?

あとはプランターがあまり大きくないので、水切れには注意しつつ、でも室内なのでジメジメしすぎると腐る可能性があるので、思い出したときに水やりするくらいで保ってます。

このセットじゃなくても、園芸用の土とミニプランター、支柱がいらない種類のトマトの種があればご自宅の室内でトマトが育てられると思いますよ!

支柱がいらない種類じゃないと、めちゃくちゃ背が高くなって気づいたらひっくり返って大惨事になります。

室内なので日光の量が外よりは少ないので、どうしてもちょっと徒長気味になりますからね……支柱がいらない種類でも、外よりはひょろ長くなりますが。

そして室内栽培のいいところは、虫がつかないところですよね……(虫嫌いの私にはとても重要)

間引きした苗は、その隣で水耕栽培にしますので、その様子はまた次回~!

それではまた!

 

家庭菜園カテゴリの最新記事